コンセプト

魅力的な医療プレゼンテーション

を追求しています

医療者の多くは

伝える価値のある情報・知識・アイデアを

たくさん持っています

より良く伝えることができれば

新しいつながりや

より大きな利益を

生み出すかもしれません

プレゼンテーションは力です

伝わりやすく

きれいで

興味深い

​プレゼンテーション

まずはスライドデザインの視点から

考えていきましょう​

医療 × デザイン

「医療」と「デザイン」

どちらも複雑な多面体です

「医療デザイン」に確たる定義はなく

機械、建築、IT、芸術

社会、認知、哲学、ビジネス

あらゆる創意を飲み込み

拡散しています

無限の組み合わせを許容する反面

その軸をどこに定めるかは

容易ではありません​

「デザインは医療に何ができるのか?」

改めてデザインの観点から考察し

​形にしていく試みです

kei_circle1.png
小林 啓
KOBAYASHI KEI
精神科 医師
UX/UIデザイナー


愛媛県宇和島市生まれ
2009年医学部卒
2016年より医療者向けの
デザイン講座を開講
2021年より株式会社CureAppで
UX/UIデザイナーとして勤務
​精神科医師としての業務も継続している