• Kobayashi Kei

カードがめくれるアニメーション

スライドで最もよく使う箇条書き。味気ないスライドに遊びを加えることで、飽きさせないプレゼンテーションを作ることができます。今回はカードがめくれるアニメーションを作ってみました。


BEFORE



伝染性単核球症の所見のイメージを箇条書きにしたスライド。無駄がなく、サラッと流すには何の問題もないデザインです。


直したい!

  1. 箇条書きに遊びを加えたい


AFTER

これでは4枚のカードが裏返っただけですが、動画にするとこうなります。



直した!

  1. 4枚のカードが次々とめくれていくアニメーションにした


解説

1.カードがめくれるアニメーション


PowerPointのアニメーション機能を駆使して、伏せたカードが表になっていくアニメーションを作ってみましょう。

まずはカードの表と裏の画像を用意します。トランプの裏の画像はAdobe Stockでダウンロードしました。



めくれる前のカードのアニメーションを設定します。左のカード(最初に提示される方)を選択し、「アニメーション」→「その他の終了効果」→「コラプス」を選択します。



アニメーションのスピードを調節しましょう。右上の「タイミング」で「継続時間」を変更します。0.15~0.3秒くらいが自然なスピードでしたが、プレビューをしながら確かめてください。



続いて右のカード(後から提示される方)を選択し、「アニメーション」→「その他の開始効果」→「ストレッチ」を選びます。



先と同様にタイミング調整をしますが、「開始」のウインドウをクリックして、「直前の動作の後」を選択しましょう。こうすることでクリックと同時に、2つの図形が連続してアニメーションしてくれます。「継続時間」も先ほどと同じスピードに設定します。


最後にオブジェクトを全て選択し、「配置」→「左右中央揃え」と「上下中央揃え」を実行すると、カードがきれいに重なってくれます。



4枚並べると、次々とカードがめくれてくれます。


アニメーションを使う際の注意点は

①やたらと使いすぎない

②意味なく動き回るだけのアニメーションを使わない

です。アクセントとしてうまく使ってプレゼンテーションを彩ってください。



#PowerPoint #アニメーション #カード #配置


※スライドはすべてmicrosoft Powerpoint office 2019 Windows10 を使用しています

368回の閲覧2件のコメント

最新記事

すべて表示