• Kobayashi Kei

いろいろなグラフ マイナー編

メジャー編はこちら。


昨年の11月にfacebookグループでグラフに関するアンケートを実施しました。デザイン部のみなさんから多くの回答をいただき大変嬉しく思います。今回はいろいろなグラフについて、その特徴や、Excelで描くときのポイントなどを、デザインの観点から考察してみたいと思います。

作成する機会の少ないマイナー編。グラフデザインの可能性を広げる端緒となれば嬉しいです。


「インフォグラフィックスに関するアンケート」

2020年11月7日実施   回答方法:Facebookグループアンケート 選択式 複数回答可

質問:公式の発表で作成したことのあるグラフを以下から選択してください。




1.スロープチャート



線グラフの一種で、二点間のデータの推移を表すグラフです。連続する二種類の実験のデータ比較などに使われます。

思い切って時間を2点に絞っているため、データ数が多くても煩雑になりすぎず、全体の傾向を印象としてとらえることができます。

例えば国内における10年間の様々ながんによる死亡者数の推移を見せる際、各年ごとにプロットするのではなく、10年前と現在の二点のみに絞ったスロープチャートにしても大まかな変化が直感的にわかるデザインになります。




2.フォレストプロット

Wikipediaより


メタアナリシスでよく使われる、各研究のオッズ比等と信頼区間を積み重ねて表示するグラフです。見せ方はボックスプロットに近いですが、パラメータは独特です。

メタアナリシスだけでなく、異なる治療方法による成績の違いなど、意外と使えるケースはありそうです。


Excelで簡単には描けませんが、以前にこの記事でがんばって描いています。




3.ヒートマップ



2次元に記された複数のデータを、値ごとに色を変えることで3次元的に視覚化するグラフィカルなデザインです。ある地域の区域ごとの感染者数、脳活動の領域ごとの違いなど、膨大なデータを直感的に可視化する方法としてよく使われます。


プログラミングの知識がなければ描けなさそうに見えますが、案外Excelで簡単に描くことができます。


このようなデータがあったとします。


ホーム画面の「条件付き書式」で、「カラースケール」を選ぶと


このように色を自動で変えてくれます。これでほぼヒートマップですね。


セルの数値を消したい場合、ホームの「数値」タブの「標準」と示されているところを選択し、「セルの書式設定」→「ユーザー定義」を選択。「種類」のところに「;;;」という裏技のようなコマンドを入力すると消すことができます。


これで色だけになりました。ぜひ手持ちのデータでも試してみてください。




4.ウォーターフォールチャート



棒グラフのようですが、前のデータと比較した増減のみにフォーカスをあてた特殊なデザインです。全体量は積み上げ式で、プラスとマイナスの色を変えることにより、どのくらい差が出たのかを連続的に示すことができます。


月ごとの患者数の推移など、どの時点でどのような特徴があるかを知るためには有効なグラフです。



5.ツリーマップ



円グラフや帯グラフのように割合を示すグラフで、Excelで簡単に描くことができます。特徴として、大きさの比率が見分けやすく、文字も入れやすく、簡単にかっこよく描けるので、円グラフのデザイン上の弱点を補うグラフとして要注目です。

日本ではあまり使われていないのでパッと見の把握がしづらいですが、これからもっと普及してほしいグラフのひとつです。



6. バイオリンプロット

Wikipediaより


箱ひげ図のように、データの分布を示すデザインですが、データが密な部分は太く、疎な部分は細くすることにより、バイオリンのようなくびれを描きだします。

見た目に面白く直感的なので、Excelなどでも簡単に描けるようにしてほしいですが、力業でもなかなか描けません。

いつか描けるようになりたいグラフですね。



7.ロリポップチャート

完全にただの棒グラフですが、先端に丸をつけて強調したものをロリポップチャートと呼びます。描くのは面倒ですし、正確性も微妙に損なわれますが、最大の特徴はちょっとかわいくなることです。

あまり堅苦しい場にお勧めはしませんが、データを多少ポップに見せたいときはおもしろいかもしれません。



ざっと紹介してまいりましたが、改めて情報を可視化するということの奥の深さを実感しています。みなさんも「こんなグラフを作ったことがある」というグラフがありましたらぜひ教えてください。




#グラフ #スロープチャート #フォレストプロット #ツリーマップ #バイオリンプロット #ヒートマップ #ロリポップチャート


※グラフ作成はmicrosoft Excel office 2019, PowerPoint 2019 Windows10、一部Adobe Illustrator CC を使用しています

369回の閲覧1件のコメント

最新記事

すべて表示